内視鏡検査

経鼻内視鏡検査

上部内視鏡検査(胃カメラ)で苦しい思いをした経験はありませんか? 内視鏡検査は胃がんや胃潰瘍など重大な病気を発見するために、非常に有用な検査です。しかし口からのどの奥に太い内視鏡を挿入するため、どうしても吐き気などの苦痛を伴う検査でした。

そこで、この苦痛を解消するために開発されたのが、超細径の経鼻内視鏡です。この内視鏡は従来の機械にくらべ格段に細くなっており、鼻からのどに挿入することが可能です。鼻からですと、最も吐き気を起こし易い舌の付け根に触れることなくのどの奥に到達出来るため、苦痛が少ないのです。しかも口が自由に動かせるので検査中に会話をすることも出来ます。

実際試してみると、多くの患者さんが、口からの内視鏡に比べて楽だったと答えています。また、鼻からの検査に抵抗のある方は、口から検査することも可能です。この場合でも内視鏡が細くなっているため、以前の内視鏡に比べずっと楽に検査が受けられます。

胃が痛いなどの症状があったり、健康診断の胃レントゲン検査で精密検査を勧められたりしても内視鏡検査に抵抗があって躊躇されている方は、是非一度経鼻内視鏡検査を受けてみて下さい。