お知らせ

痔核(いぼ痔)に対する注射療法(ジオン注)を開始しました。

痔核(いぼ痔)に対する新しい治療法であるジオンの注射療法を開始しました。
ジオンとは硫酸アルミニウム水和物とタンニン酸が含まれる注射薬です。ジオンを痔核   に注射しますと痔核に流れ込む血液の量が減り、痔核は硬く小さくなります。
この治療法は内痔核という肛門の内側のいぼ痔が肛門の外に出てくる脱肛の状態に対し て行います。メスを使って痔核を切り取る手術と違って、痛みや出血がほとんどなく、外来で治療可能です。

当院ではこの他、痔核に対する治療法として、色素併用半導体レーザー法、輪ゴム結さつ法など痛みや出血の少ない外来治療を積極的に行っています。痔でお悩みの方は、是非一度相談して下さい。

 

お知らせの一覧を見る